Periodontal

歯周病

歯周病は
歯を失う原因の第1位

最新の治療を取り入れた当院では、歯周内科的な手法で行っています。
歯周病は成人の60%以上が歯を失う原因と言われています。感染症の一つとして細菌が歯と歯茎の間に出来る溝(歯周ポケット)に住み着いたのが歯周病ですが、従来法に比べてこの治療は患者負担が少なく、メリットとして治療効果が短期間に効果が得られます。

歯周病の原因

国民病の一つとして歯肉炎、歯周炎と言われており、国民の大半が罹患しています。
症状の進行は一般的には極めてゆっくりで、気づいた時には末期になることが多く取り返しのつかない事になるケースもあります。この歯周病は、実は歯を失う原因として成人の中で一位になります。

 

では、何が歯周病の原因になるのでしょうか?

口の中には、歯周病を引き起こす細菌もあれば、むし歯の原因でも述べたようにむし歯を引き起こすミュータンス菌のようなものもあり、様々な細菌が住みついています。
様々な菌は、私たちが毎日食事した後の歯に食べかすが付着し、その栄養源を求めて菌が歯に付着していきます。

菌が歯に付着したものをプラーク(歯垢)と言い、プラークの周囲の歯肉は長期間歯に付着していくことによって赤く腫れたり、膿がでたり、出血しやすくなったり炎症を起こすものが歯肉炎です。

 

歯肉炎の症状をそのまま放置していると歯肉の下にある歯槽骨に影響するまで進行してしまいます。歯肉炎がある場所の周囲の細胞から、炎症が長期間あると様々なサイトカインが放出されることによって、歯槽骨は吸収されてしまいます。
このような状態を、歯周炎と言います。

一度減ってしまった骨は、歯肉炎、歯周炎を治療して炎症を収める事は出来ても、元に戻すとこは出来ません。
歯周病により歯並びが悪くなったり歯がぐらついて抜け落ちたりしますが、これが歯周病の恐ろしいところで元に戻すことが出来ないのです。

実は歯が加齢とともに抜けるという事はありません。よく「歯並びが年をとったせいで悪くなった」「歯が年をとったせいで抜けた」などという方を見かけることがありますが、実は歯周病という病気とは知らずにかかっていたのです。

歯周病の治療

歯周病の治療は原因となるものを徹底的に除去することが必要です。その原因のプラークの除去ですが、こちらは家庭でのセルフケアが重要になります。また、プラークなどに石灰分が付着してできた歯石は、歯科医院でしかできません。
治療の具体的な流れは次のようになります。

1. 歯周検査

歯周病の状態を把握のため、歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝の深さ)を図ります。

2. TBI・スケーリング

歯科医院による歯石の除去をスケーリングによって行い、セルフケアの歯磨きが家庭で出来るように指導を行います。

3. 歯周検査

再度TBIとスケーリングの行った後効果を確かめるため評価します。

4. SRP

スケーラーと呼ばれる器具でスケーリングでは深い縁下歯石部分など取り切れなかったところに用いて手作業で取り除いていきます。

5.歯周検査

再度SRPの効果を評価します。

6. 再SRP or 歯周外科

再度SRPか歯周外科を歯周ポケットに一度SRPを経てなおも残るものについては検討します。

歯周病の検査

歯周基本検査、歯周精密検査

歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝の深さ)を測るのを歯周基本検査、歯周精密検査と言います。正常は2ミリ程度ですが、歯肉が腫れたり、歯槽骨が吸収したりで歯肉炎や歯周炎が進行していくにつれて深くなっていきます。
歯周検査には2種類あり、まず歯周基本検査では1歯あたり最も深いところ1点のみ記録します。そして、歯周精密検査では6点の数値を記録していきます。
歯肉炎や歯周炎の進行度合いは、この歯周ポケットの深さを測ることで評価します。

動揺度検査

歯周検査に含まれますが、実際に揺らして4段階の0~3度で評価をし、歯の揺れ具合を確かめます。

正常が0度です。
前後にわずかに揺れるものは1度です。
前後及び左右にもゆれがみられたら2度です。
上下にもゆれがみられたら3度になります。

歯周検査の際に、出血と排膿の有無の検査も行います。今現在の炎症の程度は出血によって表しています。
出血や排膿がなく歯周ポケットがある場合は、コントロールを現在の炎症にされていると考えられるかもしれません。

PCR(プラークコントロールレコード)

0~100%の間でプラークコントロール(歯の磨き具合)を評価したものです。プラークコントロールが20%を切っていれば良好と考えられます。

歯周病の段階

歯周炎はP1~P4までの4段階に分類されます。

P1

20代の方でも多数みられます。歯槽骨の吸収がほとんどなく歯周ポケットが3mm程度です。歯周病治療をこの段階でしっかり行えば問題ありません。

P2

ほぼ歯医者と無縁だった30代の方がこの段階になっています。歯槽骨の吸収がやや進んで歯周ポケットが4~5mm程度です。今まで歯に力をかけてこなかった分この段階では治療もなかなか困難です。頑張って治療を取り組む必要があります。

P3

歯槽骨の吸収が進んでしまって、歯周ポケットが6mm以上です。この段階では口臭もきつくなり、歯のぐらつきもひどくなってきて抜歯も場合によっては検討する必要もあります。治療の期間も長くかかり、治療の頻度も多くなります。

P4

ここまで来ると抜歯は避けることはできません。歯槽骨がほとんどなくなってしまい、歯を支えきれなくなってしまいます。皮一枚で歯肉とつながっているような状態です。

歯周外科とは

歯周ポケットにSRPしてもなお、残るものに対して行います。
SRPでは取り切れなかった歯石は、歯肉を切開して開き歯の表面に残ったのを直接眼で確認して取り除きます。

滑沢に歯根をした後は切開した歯肉を元に戻すフラップ手術や、歯肉が腫れてしまっていてメスでそのものを取り除いてしまう歯肉切除などの手術があります。

必ず歯周外科は必要という訳ではありません。患者さんの状態も様々なため、一番どの方法が良いというものもありません。
そのため患者さんにとっての適切な手術方法を選択していきます。

 

治療に伴うリスク

再生療法における術後のリスクは、移植した自家骨または、人工骨が歯肉の縫合の裂開により感染することがあります。

歯科診療メニュー

DENTAL TREATMENT