implant

インプラント

インプラントとは

あごにチタン製の人工の歯根(ネジ)を失った歯のかわりに埋め込むことです。
第二の永久歯」とも呼ばれていて、骨にしっかり定着させることができ、まるで自分の歯のように使えます。
スウェーデンの学者であるペル・イングヴァール・ブローネマルク教授によりインプラントが作られました。

ウサギの骨にチタン製器具を埋め込んだ実験を行っていて、研究終了後に埋め込んだ器具を取ろうとしたところ、しっかりと骨に結合し取り出すことが出来ませんでした。
これに気付いたブローネマルク教授は、この現象についてOsseointegration(オッセオインテグレーション)と名付け、生活を営む骨とチタンの結合状態の研究を進めました。基礎研究を進める中で、チタンは有害な作用が身体に対して及ぼしにくい特性があることもわかりました。

1965年に多くの研究を経てスクリュー型のチタン製インプラント体を用いて、臨床応用が人へと開始されました。
インプラント治療はオッセオインテグレーションの概念に基づいた治療で飛躍的に成功率を向上させ、19680年頃には世界的にその評価が広まりました。
以降、世界中の歯科治療で、失った歯を補う方法の一つとして取り入られています。

歯を失った方への最新の治療法

人工の歯根を歯がなくなってしまった部分に埋める事で、固定式で違和感がなく隣の健康な歯を削ることない新たな歯を作る手法です。
歯がなくなると従来は、取り外し式の入れ歯を装着するか固定式のブリッジを装着する事が一般的でした。
しかし、入れ歯は取り外し式のため違和感がどうしてもあり、ブリッジは健康な隣の歯まで削る必要があり、いずれも一長一短でした。

 1回法、2回法とは?

インプラントには、歯肉を切開する外科手術を1回行う「1回法」と、外科手術を2回行う「2回法」があります。

1回法

1. 歯肉を切開し、顎の骨に穴を開けます。 

2. そこにインプラントを埋入し、先の部分は歯肉から出しておきます。 

3. アバットメント(被せ物とインプラントの接続部分)を装着します。 

4. 数カ月間治癒期間を設け、しっかり結合されていたらアバットメントに人工歯を被せます。
外科手術が1回のみという部分が、1回法の大きな魅力です。 
しかし、感染症の引き起こすリスクを2回法と比較した場合、少し高くなります。

2回法

1. 歯肉を切開し、顎の骨に穴を開けます。 

2. そこにインプラントを埋入したのち、歯肉を閉じ縫います 

3. 数カ月間治癒期間を設けます。 

4. 2回目の外科手術で、歯肉を切開し先の部分を露出させます。 

5. 人工歯を被せます。2回法は、1回法より1度目の手術によって歯肉を閉じることで結合が強くなることが大きな魅力です。
また、感染症を起こすリスクは2回法と比較した場合、少し高くなります。

 

骨が薄くインプラントが困難な方のために

骨造成手術

1. ソケットリフト

インプラントを打つのに上顎洞までの距離が短く、打てない場合に行う治療法です。
顎の骨が歯の喪失や歯周病などが原因で必要以上にやせている場合、この手法はインプラントが難しいときに必要になる場合があります。3ヶ月から半年程度かけて移植された骨や人工骨を上顎洞粘膜(シュナイダー膜)に拳上したスペースに使い、その後インプラントが可能になります。

2. サイナスリフト

挿入スペースを人工歯根であるインプラントの場所を確保するために、顎の骨量を増やす骨増成手術です。
上顎洞底から上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を剥離して拳上し、人工骨や他部位から採取した骨をそこにできた空間に移植することで、上顎洞の位置をあげ、必要な骨の厚みを作り、インプラントを埋入する治療法です。

3. スプリットクレスト

骨の高さはあるがインプラントを埋入する際に幅が少ない(薄い)場合に行う治療です。
上下顎の前歯部が主に適用になります
骨頂に溝をノミのような器具を用いて形成し、骨を横に楔(くさび)効果によって押し広げる治療法です。

インプラント手術後の注意点

手術後2~3日は、強いブクブクうがいも控えましょう。

傷口の血餅が剥がれ、再び出血する可能性があります。その場合は、強い痛みを伴う炎症を起こす恐れがあります。

シャワー程度で済ませるようにしましょう。

湯船につかると血行が良くなり、傷口から再び出血しだす恐れがありますので、当日は湯船につかることは控えましょう。

激しい運動は控えましょう。

ジョギングや水泳などの激しい運動をすると血行がよくなり、傷口から出血する恐れがある為、2~3日は控えましょう。  

低でもインプラント治療が終了するまで禁煙しましょう。

たばこを吸うと、歯肉の毛細血管が収縮し血行が悪くなるので、傷の治りが遅れたり、インプラントと骨の結合を阻害する場合があります。

処方された内服薬(頓服薬※以外)は、必ず指示通りに飲みきりましょう。

 

治療に伴うリスク

インプラント周囲炎の可能性があるため定期的メンテナンスが必要です。

歯科診療メニュー

DENTAL TREATMENT