decayed

虫歯治療

治療の際の痛みに配慮した虫歯治療

代表的な歯科疾患といえば、むし歯がその一つと言えます。
むし歯とは、ミュースタンス菌という細菌が糖から酸を作り出し、歯の表面を溶かしてしまう病気です。

そして、歯の中心部までむし歯が進行してしまうと、恐ろしい病気である歯髄炎へと移行してしまいます。
当院では、治療と同時に予防にも力をいれています。

無痛治療

表面麻酔

できるかぎり削らない治療、痛みの少ない治療が当院のモットーです。
 当院では麻酔の注射を打つ際の痛みを最小限に抑え、患者様の負担を軽減するために
こちらの表面麻酔を使用しております。

電動麻酔

麻酔液で急いで注射をすると、体調が悪くなったり、
その圧力で痛みを感じたりする場合もあります。
そのような事がないように「痛くない」電動注射器を使用しています。

虫歯について

むし歯(齲蝕)の原因

ミュータンス菌などのむし歯の原因菌は、歯に食べかすが付着したまま放置されることによって、それが栄養分となり酸が産生されます。そして徐々に酸によって歯が溶かされていき、象牙質まで達すると冷たいものにしみたり、咬んだ際に痛い等といった症状が生じることをむし歯(齲蝕)と言います。

むし歯の段階

むし歯はC0からC4の5段階で各進行度合い応じて分類されます。
エナメル質、象牙質、歯髄のどこまでむし歯が進行しているか によって評価して分類されます。

C0

この時点であればまだ削ったりする必要はありません。症状としてはエナメル質の表層の透明感は無くなり白くくすんだ感じになります。
再石灰化させるためにしっかりした歯磨きとフッ素の定期的な塗布をすることが大切です。

エナメル質には知覚はなく痛みなど一切ありませんが、修復の必要はあります。症状としてはエナメル質の一部に穴が開いてしまっている状態です。
場所にもよりますが、レンジと呼ばれる樹脂を削り取ったむし歯のところに詰める事で麻酔の必要もありませんし、即日で治療することが可能です。

 


エナメル質を超えて象牙質まで達している状態で、歯髄に達する前に早期に治療が必要です。象牙質はエナメル質に比べて軟らかいため進行が速く進みます。
象牙質までむし歯が達していると象牙細管と呼ばれる細い管があり歯髄とつながっています。そのため冷たいものや食べ物を咬んだ際に痛みを感じることがあります。
C1と同様の治療でレンジと呼ばれる樹脂でむし歯を削り取った場所に詰めるか、歯と歯が隣り合っている場所であれば、金属の詰め物やセラミックの詰め物の型取りし作成したものを詰めます。

 

急性的に非常に強い痛みを感じます。この症状はむし歯がエナメル質、象牙質を超えて歯髄まで達した状態です。
細かい組織(神経や動脈、静脈など)が歯髄にはあり、ここにむし歯が侵入することによって炎症を起こし、強い痛みが生じます。(歯髄炎、pulとも言う)

また、急性歯髄炎を発症した後数日すると痛みが一旦引きますが、これは治癒ではなく、自己の炎症が進行した結果、歯髄が完全に壊死しているため痛みを感じなくなってしまい、そのままにしておくと感染が広がり化膿していき、再び痛みが復活します。(歯髄壊死、perとも言う)
むし歯菌に感染した歯髄を完全に取り除く治療が必要で大きな穴を歯冠にあけて(髄腔開口)リーマーやファイルと呼ばれる器具を用いて根管にそって歯髄を掻きだします。

処置した初日は歯髄を完全に取り除いた(抜髄)ことによって根尖部で炎症を起こす(歯根膜炎)ため痛みを伴います。
一般的には数日~数週間で抜髄後の痛みは治まりますが、治療後も物を嚙んだとき軽い痛みがしばらく続くこともあります。抜髄処置後は根管内に残存するむし歯菌の殺菌と口の中の細菌が再感染する事を防ぐため、根尖部の炎症が治まるまでの間は根管内に消毒薬を貼薬します。
根尖部の症状が落ち着いたころに空洞状態になっている元々歯髄が存在していた部分は歯槽骨まで繋がってしまっているため、ガッタパーチャと呼ばれる樹脂で細菌が侵入してこないようその空洞に詰めて封鎖します。補強するためにその上からコアと呼ばれる金属やグラスファイバー製の土台を立てた後、金属のクラウンと呼ばれる物やセラミックで出来た被せ物を被せて治療は終了します。
但し、抜髄後の歯は歯髄が無くなるため歯髄を通して運んでいた栄養分が象牙質へ行き届かなくなるので強度が低下します。また、例えどれだけ丁寧に治療したとしても長年かけて細菌がクラウンやコアの隙間から侵入してくるため根尖部で感染(根尖性歯周炎)を起こしたり、歯が強度の低下によって折れたり(歯根破折)しやすくなりますので健全な歯髄がある歯と比べると治療した後は悪くなります。

エナメル質や象牙質がほとんどむし歯菌により失われてしまった状態です。
ここまでになると抜歯せざる得なくなります。

MI…ミニマルインターベンションとは

健全な歯質を削るのは最小限に留めて、むし歯や欠損補綴(ブリッジなど)の治療をすることの意味になります。

ミニマルインターベンション(以後、MI)とは日本語に訳すと「最小限の侵襲」という意味です。かつては土台となる歯についてブリッジの治療の際に便宜抜髄という処置が当然に行われていました。
ブリッジを作成する際、クラウンを被せるため便宜抜髄を行っていました。歯の切削を行うと後々冷たいものにしみたりする事があったため、便宜抜髄が行われていたのですが、現在では不必要な便宜抜髄は、歯髄を取り除いた歯の予後と歯髄のある歯に比べて明らかに悪いことが分かったため、行わない方が良いと考えられています。
(やむを得ず歯軸(歯の向き)に異常がある場合などで便宜抜髄を行うことはあります。)

他にも最近の技術の進歩により歯質とより接着しやすい材料(接着レンジ)が開発されてきたため、むし歯治療が最小限の切削で治療ができる範囲が増えています。

MI治療で可能かな限り、健全な歯質は削らないように当院では心がけております。

経過観察…様子を見ましょう

心配事があって歯医者に来たが、様子を見ましょうと言われたことはありませんか?
様子を見ましょうと言われてしまうと不安になり、「この先生原因が分からないんじゃないの?」と疑ってしまいそうになりますが、実は経過観察(様子をみましょう)にはきちんと意味があるのです。

一般的に歯科では、むし歯や歯周病を扱ってしますが、お口のトラブルはそれ以外にも様々な理由で起こることがあります。
例えば、むし歯以外にも歯が痛みを感じる理由として小さな歯のヒビから起こる歯髄が炎症を起こしたものや、副鼻腔炎から直接歯とは関係ないところから歯に痛みが起こることもあります。
やみくもに原因のはっきりしないものの歯を削って歯髄を取り除いていたのではMIになりません。

MIを行うために待機的診断法(経過観察しながら原因を特定する)といった診断法を用いてしっかりとして診断を行うことも時としては必要です。

二次齲蝕、歯科治療の限界

医療者は日々、知識や技術の研鑽を積む責任があると思いますが、患者さんと私たち医療者との認識のギャップとして「すごい名医に治療してもらえば治らないものも治る!」といったものなど医療に対する期待感が一番感じるものだと思います。

しかし、一方でどうにも出来ないものもあります。
例えば、一度むし歯になった歯を以前の状態に戻す事も不可能ですし、その治した歯がむし歯を再発する事は絶対的に防ぐ事は不可能なのです。
そして、抜髄に至った歯髄炎を起こした歯髄を元に戻す事はどうにもできません。

二次齲蝕(二次むし歯)と一度治したむし歯が再発する事を言いますが、実は確実に二次齲蝕を防げる材料や方法は未だに見つかっていません。一般的に用いられている保険適応の材料としている金パラジウム銀合金と呼ばれる通称銀歯は、むし歯が7~8年すると再発すると言われています。
補綴物(クラウンやインレーと呼ばれるもの)でむし歯を治療する際にセメント(接着剤)を用います。
仮に歯の断面を覗くことができるとするとセメントを介してクラウンと歯(象牙質)は固定されていますが、経年的にセメントが劣化し、成分が唾液中に溶け出したり、わずかなヒビが毎日の食事や歯ぎしりによって入ったりすることもあります。

するとどうしても避けられないわずかな隙間がクラウンと歯質との間にあると、むし歯菌が入り込み、むし歯が再発します。エナメル質というとても硬い天然のバリアによって本来歯は守られていますが、エナメル質を一度むし歯によって失った歯は、必ず二次齲蝕(二次むし歯)から例え治療をして被せ物や詰め物をしたとしてもれることはできません。

しかし、次齲蝕になるまでの期間を出来るだけ延ばすことは可能です。
そのためには経年劣化の少ないセメントを用いたり、出来るだけ精度の高い(歯質と被せ物や詰め物のギャップが少ない)補綴物で治療をして、継続的に定期的なメンテナンスを行う事が重要です。

3Mixやヒールオゾンなど最新の治療と呼ばれるものの是非

新しい治療法が登場したり衰退したりして、医療の世界も日々技術革新が進んでいます。
3Mixやヒールオゾンと呼ばれる治療法を聞いたことがあるかもしれませんが、3Mixやヒールオゾンというのは、従来の治療方法と異なり、歯を削らずに(or最少の切削)でむし歯菌を殺すことで治療しようとするものです。それだけを聞くと、とても良い治療のように聞こえます。
大事な歯を削らずにすみますし、歯医者の痛い治療を受けずに済みます。

しかし、本当に果たして効果があるのでしょうか?

昨今、根拠に基づく医療というEBM(エビデンスベースドメディスン)という言葉が重要視されています。
簡単に言えば効果があると言える治療をちゃんとしましょう、という意味です。
例えば、3Mixは3種類の抗生剤(メトロニダゾール、シプロフロキサシン、セファクロルorミノマイシン)を混ぜて使用します。

しかし、どうして混ぜるか?この3種類にしたのはなぜか?などの根拠が明確にされていません。

それ以外にも3Mixがすぐれているということを、明確に根拠づける論文がそもそもないのが実情です。
もしかしたら抗生剤は確かに細菌を殺す薬ですのでむし歯の無菌化が可能なのかもしれません。一方で歯は非常に大切なものでむし歯が一度C3まで進行してしまうと歯髄を取らざるを得なくなります。
そんな大事な歯を果たして効果の明確でない治療法に委ねる事ができますでしょうか?
様々な文献を医療者の立場から読んできましたが3Mixを決してやろうともやられたいとも思いません。
最近ではかつてに比べて3Mixを実際にする歯科医院は減っています。医療は失敗が許されません。本当に効果のある治療法は流行ものです。こういった治療を簡単に“最新”というワードに踊らされて手を出すのは危険だと思います。

歯科診療メニュー

DENTAL TREATMENT