denture

義歯

しっかり噛めて美味しく
食べられる入れ歯

入れ歯の種類・特徴

1. チタン床義歯

チタン床義歯は一般的な義歯に用いられるものと比べると非常に軽いことが特徴です。通常の義歯に用いられる金合金の約4分の1(コバルトの約2分の1)で軽い金属にも関わらず、床を薄く作るための強度が強いです。そのことから装着感が良く、違和感が非常に少ないものが作ることが可能となります。
また、チタンは表面に人間の骨組織に近い皮膜を持っており、インプラントの材料にも使われています。生体親和性が優れていて、金属アレルギーの心配についても金属イオンの溶出を防ぐので心配がほとんどありません。

2. コバルトクロム床義歯

コバルトクロム床義歯は熱伝導性が良く丈夫な金属です。食事を美味しく楽しめるのがこちらの義歯の特徴で熱が伝わりやすいため、飲食物の温度や味が感じることができます。
また、違和感が少なく、比較的に薄く作ることができます。

3. ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯は、見た目が自然な美しい入れ歯(義歯)で審美的な面でも非常に優れています。金属のバネを一切使わない入れ歯で、金属が使われていない為入れ歯(義歯)だとは分かりにくいものになっています。また、装着感にも優れています。歯ぐきにフィットする弾力性があり、非常に丈夫な素材を使用しております。

 

治療に伴うリスク

入れ歯維持の為の支える歯の負担が増え、残存歯の状態を悪化させることがあります。

歯科診療メニュー

DENTAL TREATMENT