TOPへ戻る

相生会からのメッセージ

「良く分からんから先生にまかせるわ」

ある時、患者さんから言われた何気ない一言でした。

当時まだ勤務医だった私はどこにでもある普通のクリニックで働いていました。 
いつもであれば、患者さんから信頼されているのだと前向きに捉えていたことでしょうがこの時の私は何かが違いました。 

もしかしてこの言葉は医師への信頼からの言葉ではなく、

良く分からない事による無関心からの言葉なのではないだろうか・・・

これが全てのきっかけでした。

医療は一歩間違えば健康に害を及ぼしかねないものです。
だとすれば本来はその他のサービス業よりもいっそう密接な信頼関係の下に行う必要があるはずです。

しかし医療は患者様にとって極めて難解で分かりにくい物です。
だからといって良く理解していない患者から手放しで任せられてしまう関係が本当に信頼関係と言えるのでしょうか。

我々は 「医者と患者の真の信頼関係は患者が医療知識を十分理解してはじめて成立するもの」 と考えます。